スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

良作~昴~ 

久々に良作にめぐり合いました。




寝る前に読み始める



続きが気になって止まらない



結局徹夜



何だか分からないけれど何かにやる気



そのまま学校へ  ←今ここ


そんなマンガ。

僕の中ではガラスの仮面以来の良作。
スポンサーサイト
[ 2007/11/13 07:34 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(7)

まさしく新世紀ですな 

なんか毎月1日って映画が1000円で観れるらしいですね。

ついでに9月1日ってヱヴァ序の公開日らしいですね。

ってことで行ってきました。

ショウです。


これから見る人がいたら注意を一つ。

EDの後にミサトさんの次回予告があるから最後まで席を立たないこと!

僕が見たときに何人かED中に出てく人がいましたからね。


では以下感想。ネタバレあり。
好き放題書いてあるので注意。


[ 2007/09/02 15:26 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(2)

ビバ姉萌えマンガ 

今日は月食だったらしいですね!

でも曇ってて見れませんでした。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ショウです。



最近、垢がよくでるなと思っていたところ、
コミケ焼けで皮が剥けていただけでした。


まあそんなことはどうでもよくて、ついに発売されました。
アットホーム・ロマンス

あいかわらず画像がないのが残念です。

僕は普段から物事を2択でしか判断しないので、
細かい感想とかは割愛しますが、
一言で表すと姉萌え本です。

お姉ちゃんが大好きな人、
お姉ちゃんが欲しくてたまらない人、
そんな人は読むと良いです。


…なんかもう書くこと忘れたんでこの辺で。
昨日ハチクロ全巻購入したから読みたいしね!
[ 2007/08/29 01:34 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(0)

思いつきマンガランキング 



名作。
下半期私的ベスト3に入るわ。

ショウです。



ってことで勢いで発表。
この場で選ぶ上半期私的ベスト3。

※完全な思いつきです。
※僕が2006年上半期に初めて出会った作品対象


少女マンガの部

第3位

キスよりも早く

読み切り時から注目していた。
「これは絶対、連載されるぞ」と。
案の定、読み切りから2ヶ月で連載が始まった。
…連載前提の読み切りじゃん。読者の意見、聞く気ねぇじゃん。


第2位

ライフ

今、ドラマが放送されているので知ってる人も多いと思うが
イジメをテーマにしたマンガ。
2位とかに挙げているけどテーマがテーマなだけに全くお薦めしない。
負の感情が満載で、またそれがすごく伝わりやすいので
嫌悪感を持つ人は多いのではないかと思う。


第1位

マリア様がみてる

今更感たっぷりだが、私的ランキングなのでしょうがない。
マンガも面白いけど原作推奨。
原作長いからサラッと読みたい人はマンガ推奨。
とりあえず内容を知りたい人もマンガ推奨。



少年マンガの部


第3位

委員長お手をどうぞ

山名沢湖先生の作品はどれもすばらしい。
「つぶらら」もプッシュしておく。


第2位

妄想少女オタク系

腐女子に恋する男の子(阿部くん)の物語。
ちなみにその腐女子の中では阿部くんは千葉くんとデキている。
…「阿部」と言うのは狙っているのだろうか?


第1位

キミキス1巻(摩央姉編)

キミキスはいろんな人が描いているけど
東雲太郎先生のキミキス1巻が重要。




思いつきランキング終了!
詳しく知りたい人がいたらアマゾンのレビューとか
マンガ感想系ブログを見るといいです。
僕が今更書くよりよっぽどいいこと書いてあると思います。
…見たことないけど。
[ 2007/07/26 00:18 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(0)

今期注目のアニメ~らきすた編~ 

メガマックが好評だったのでまた復活するとか。
ショウです。

そろそろ春の新アニメが出揃ってきました。
なので今期の個人的注目アニメを挙げてみたいと思います。

らき☆すた
あの京アニ(注1)が制作ということで騒がれていたらきすた。
満を持して始まったわけですが、第一話の感想は
「うん。まあ…」って感じ。

まず声優がドラマCD、ゲームと違うところがね…
大人の事情とかそういうのいらないから。



中身はと言うと、OPからこなた(注2)たちが目まぐるしく動きまくり!
さすがは京アニと言ったところ。
本編も4コマ漫画ということを活かし、テンポ良く進んでました。



でもこれ、らきすたに限って言えば(注3)
どちらもマイナスポイント



らきすたの魅力は限りなくゆるく、マターリしたところ。
現代人のスピードで進めてはならんのですよ!
あとチョココロネの食べ方にはもっとこだわってほしかった。

あ、らきすたはどうやら2クールらしいです。
まあ見てりゃそのうち慣れるでしょ。色々。


…薦めてんのか、貶してんのかわからない文章ですが
一応薦めてますよ。
とりあえず原作を見ると良いと思います。(オイ


注1:京アニ
京都アニメーションの略。
アニメ版涼宮ハルヒの憂鬱で一躍ブレイク。
続いてkanonの制作も手がける。
ディフェンス作画クオリティの高さに定評がある。
ヤシガニやキャベツとは無縁(笑)

注2:こなた
らきすたの主人公、泉こなた。
オタク。
野球が嫌い。(延長があると深夜アニメの録画がめちゃくちゃになるから)
チョココロネが好き。
スポーツ万能(でも部活に入るとゴールデンタイムのアニメが見れないから入らない)
こなたは僕の分身。
「あれ?自分がアニメに出てるよ?」と錯覚する人が多いんじゃないかと思う。

注3:らきすたに限って言えば
あずまんが大王も同様。




いっぺんに全部書こうと思ったけど
注釈とか書いたら思いのほか長くなったんでこの辺で止めます。
今回はらきすた編ということで。
(次があるとは限らないですが)
[ 2007/04/10 03:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。